一級建築士事務所 堺武治建築事務所

WORKS-堺武治の実績-

「Kuri」

外観

外観

室内

室内

室内

中庭

室内

この建物は、お寺の本堂と門徒会館、庫裏の3つの用途が一体となった建物です。区画整理により土地の形状が変わり、やむなく本堂のみを残し、それ以外の建物は全て解体して建て直さなければならないという一大事業でした。役場から区画整理に伴う補助金が出るとはいえ総予算をまかなうには程遠く、予算・用途・希望を叶えるのに苦労した建物です。
まず配置計画としては、解体しない本堂を中心に、西側に門徒会館、北側に庫裏を配置しています。今までの門徒さんの訪問形態や本堂の向きを考えた場合、本堂と門徒会館を密接に関連付ける為には門徒会館を西側に配置し、また車の往来を考慮する必要があった為です。さらに北側に生活道路ができるということで駐車場を北側に配置し、建物に組み込むことで床面積の調整を行なっています。
外装は、屋根・壁とも黒色とシルバー色、白色のみを使用し落ち着いたお寺の雰囲気に調和するよう考慮しています。腰壁には金属板の鎧葺きを用いて武家屋敷風のデザインになることも狙っています。
内部空間としては、まず門徒会館は二間続きの広間とおとぎのための厨房、そして訪問されたお坊さんの為の客間を一直線に配置し動線の明確化を行なっています。廊下を挟んで本堂にすぐ行けて、各部屋にも迷うことも無くスムーズに移動できので門徒さんにも好評のようです。庫裏は、一般住宅と同じような用途の部屋を配置していますが、プライバシーを考慮しキッチン&ダイニングや浴室・洗面などは外部に開かず光庭に開く形を取っています。こうすることにより近隣で起こっている喧騒に関係なく、静かでゆったりとした生活を送っていただけるよう考慮しています。光庭は採光・換気・通風の機能を見たし、特に光が差しこむことで緒室に明るさをもたらしてくれます。お月さんの動きも見え、お月見が出来ると住職はおっしゃっています。
門徒さんにも好評のようなので、末永く愛着を感じて住んでもらいたいと思っています。

Kuri

2006年11月竣工


敷地面積
851.00㎡(257.42坪)
延床面積
670.34㎡(202.77坪、既存部分含む)
構造
鉄骨造+木造
階数
2階
用途
お寺の門徒会館 と 庫裏
工事種別
増改築

着工前や工事中の写真こちら

お問い合わせ

堺武治建築事務所ロゴ一級建築士事務所 堺武治建築事務所
〒861-4101 熊本市南区近見町2473 アメニティーL 408
TEL 090-4518-1775 FAX 096-321-6424

info@sakai-takeharu.com

医療・福祉施設等設計募集

Facebookページ

Copyright © Sakai Takeharu All rights reserved.

ページトップ